‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

国の教育ローンについて

2014/08/20

一般的にどれほどの家庭が子どもの教育資金のために借り入れをしているのでしょうか?例えば、東京私大教連(東京地区私立大学教職員組合連合)の調査によると、入学費用を借り入れている家庭は2012年度は全体の17.2%、借入額の平均は約163万円となっています。
教育のためのローンにはさまざまな内容がありますが、一般的なローンに比べると、低い金利が設定されています。
中でも教育一般貸付、いわゆる国の教育ローンは日本政策金融公庫が扱っている公的制度ですので、民間のローンと比較して低金利であり、融資条件も厳しくないため人気が高いと言えます。
融資の対象となるのは、受験、入学、在学費用のすべてです。
この制度はちょうど平成26年度より制度が改正され、これまでの融資限度額300万円が350万円まで拡充されています。さらに海外留学資金としては利用する場合には450万円まで拡充されました。
こうした改正によってさらにこの制度を利用しやすくなったと言えます。さらに、利用しやすいメリットの中にインターネットで24時間365日申込可能という点もあげられます。審査に通れば、申込から最短2週間で融資を受けることが可能です。詳しい利用手続きについては日本政策金融公庫のホームページで確認することができます。

奨学金制度の考え方について

2014/08/20

教育資金を自己資金だけで支払える人は、現在少なくなってきています。子ども1人当たり1000万円以上必要となるのが相場となっていますので、まとまった貯蓄がない人はどこかで資金を調達する必要があります。そんな時に利用できるのが、奨学金制度です。
この制度は、経済的に就学が難しいと判断できる学生に対して、進学の手助けをする目的で始められたものです。運営しているのは、大きな団体の場合もありますし、民間の企業が自主的に始めているケースも多いです。
学校によっては、独自で制度を取り入れているところもあります。私立であれば、国公立よりも費用がかかる傾向があるため、制度を強化している傾向が見られます。地域によっては各市町村が独自で行っていることもあります。
借入を行うタイミングとして多いのは、高校進学と大学進学時という統計があります。義務教育期間は費用があまりかからないため、教育資金を利用しない人がほとんどです。私立へ通わせる場合は、子どもが幼い内から利用するケースもあります。
大学で最近増えているのは、給付型のタイプです。借入したお金を返済する必要がないという魅力的なもので、人気があります。審査基準はやや厳しい傾向がありますが、チャレンジする価値はあります。

奨学金制度の特徴って何?

2014/08/20

教育資金を調達する方法は色々ありますが、奨学金制度を利用する人の割合は多いです。理由は色々ありますが、金利が低く借入できるという点が魅力となっています。教育ローンと比較した場合、利息額は大きく異なっており、返済総額が少なくなる点はメリットと言えます。
経済的に苦しい状況にある学生が、自分で申し込み利用する制度となっています。融資を受けた後は、自分が返済を行っていくことになるので、その点に注意が必要です。就職してからは、毎月一定額を返済していくことになります。
この制度は、教育ローンよりも審査が厳しいと言われることがあります。基本的に困窮している学生を救済するシステムですので、基準を満たしていなければ貸し付けてもらうことができません。少額の融資を受けたいというより、授業料の支払いが不可能なほどの状態の人が対象となります。
特徴的なのは、無利子で貸し付けてくれる制度があるということです。教育ローンの場合は、民間の金融機関から借りることになるため、必ず有利子という扱いになります。その点は教育ローンより優遇されていると言えます。
この制度を行っている機関は様々です。公的な機関が実施している制度もありますし、民間団体が立ち上げている場合もあります。

奨学金と教育ローンの違いって?

2014/08/20

子どもの教育資金を調達する場合、自分の収入や貯蓄だけでは不足することがあります。学校への進学時はもちろん、授業料や留学費用など、子どもにかかるお金は多額になるものです。1人あたりで1000万円以上かかるのが一般的と言われるくらいです。
公立・国立の学校だけを選択した場合でも、約800万円程度は最低でも必要となります。私立の学校に通わせた場合や、留学させる場合は1000万円を超える金額が必要になるのです。
不足する資金を補う方法は、大きく分けて2種類あります。その特徴と違いについて述べていきます。
まずは奨学金制度を利用する方法があります。学習しようとする意志のある学生に対して、学費・生活費などを貸与することを目的とした制度です。借入したお金を返済していくのは、親ではなく学生となります。
学校を卒業し、就職した後に毎月返済していくシステムが多いです。無利子のものもあり、融資額は比較的少額という特徴を持っています。
次に、教育ローンを利用する方法があります。教育費を目的とした場合の融資となります。契約者は親になるので、返済も親がしていくことになり、この点が異なっています。
融資額は、比較的多めに設定できるという特徴があります。ただし金利が高めというデメリットもあります。

教育資金を借り入れている割合について

2014/08/20

お子さんがいる家庭の場合、教育資金はトータルでどれくらい必要になるのか、あらかじめ知っておいた方がいいです。無計画で過ごしていると、入学費用や授業料などに困る場合があります。一般的にどれくらいかかるものか把握していれば、資金調達の方法も探すことができます。
様々な教育関連の費用を見ていくと、教育の資金を借り入れている人の割合は非常に多いことが分かります。ほとんどの家庭が、何らかの貸付を受けているのです。教育ローンを利用したり、奨学金制度を利用するなど、工面しています。
学資保険に加入している親御さんの中には、契約者貸し付け制度を利用しているケースもあります。10割ではありませんが、3割以上利用しているという保険会社もあります。その他の教育ローン・奨学金を利用している人も含めれば、5割以上は確実に利用しているのです。
幼稚園から大学まで通ったと仮定した場合、1000万円以上の教育費がかかります。私立や特別なスクールに通った場合、また長期通学が必要な学部の大学に入った場合には、3000万円程度かかることもあります。
学資保険に加入していれば、契約者貸し付けで解約返戻金の範囲内で借入することが可能です。利息が高くなるという点に注意して上手に利用すれば、教育の費用を補うことも可能です。

返戻率を利率

2014/08/20

生命保険の中には、医療や死亡保障だけを目的とした商品もあれば、別の目的をメインとした保険商品もあります。子どもの教育資金や、自分が亡くなった時の子どもの生活を保障してくれる保険です。生命保険会社によって商品名は異なりますが、一般的に学資保険と呼ばれるものとなります。
学資保険を検討する場合、ポイントとなるのはどれだけお得で、安心した保障内容になっているかということです。幼稚園から大学まで通った場合、公立学校で1000万円以上かかるのが平均的です。私立になるとさらに高くなり、2500万円程度かかると言われています。
学資保険のポイントは、どれくらいの利率になっているかという点にあります。貯蓄性が高い保険を選ぶなら、各保険会社の商品を比較することです。返戻金がどれくらいもらえるかで、そのお得度を知ることができます。
満期保険金に祝い金を加えた割合を計算することで分かります。計算式は次の通りです。
返戻率=(満期保険金+祝い金)÷総払込保険料×100の数式で求めることができます。この割合が高ければ、元本割れすることなく保険金を受け取ることが可能というわけです。ただし100%以下である場合でも、手厚い医療保障などが特約されている保険は人気があります。

学資金の保険料控除について

2014/08/20

民間の保険会社で保険に加入している人は、保険料の控除を受けられます。これは公的な保険で補えない部分を自分で用意している人に対して、国が税金を免除してくれるもので、所得税と住民税からの控除が可能です。控除には一般生命保険の控除と年金保険の控除の2種類があり、学資保険は一般生命保険で控除を受けられます。
一般生命保険の控除は、2011年の12月31日以前の契約であれば所得税から5万円、住民税から3万5000円まで控除が受けられます。2012年1月1日以降の契約であれば、所得税から4万円、住民税から2万8000円の控除が可能です。2012年からは控除額の限度が下がった代わりに、介護医療保険の保険料控除が新たに設定されました。
学資保険の控除で注意したいのは、これらの限度額を超えていないかということです。学資保険は多くの場合父親が契約者となり、父親の一般生命保険から控除を受けます。
しかし保険料の控除には限度額があるため、父親本人の生命保険だけでこの限度額を超えていた場合、学資保険でどんなに高い保険料を支払っていても控除を受けられません。控除を効果的に受けるためには、加入時にほかの保険とのバランスを考え、場合によっては加入者を変えるなど配慮が大切です。

学資金の受取と税金の関係

2014/08/20

学資保険は保険料を支払ってお金を積み立て、途中でお祝い金を受け取ったり満期になれば満期金を受け取ったりできる保険です。これらは子供の学資金として使用でき、受け取ったお金は一時所得として所得税の対象になっています。
しかし実際にこれらのお金が課税対象となることはほとんどありません。なぜなら課税対象となる金額は、その収入を得るためのお金を差し引いた金額だからです。収入を得るためのお金とは、事業であれば機材や材料の購入に使ったお金にあたりますが、学資保険の場合には支払った保険料のことを言います。
例えば子供が生まれてすぐに、大学進学時に250万円受け取れる学資保険に加入したとします。この保険の保険料が月額1万円だとすると、1年間に12万円の保険料を支払います。これが大学進学時、つまり18歳までかかると216万円の保険料を支払うことになります。
さらに特別控除の50万円があるので、それも差し引けば金額はマイナスになってしまいます。学資保険ではこういったパターンが多いため、よほど利率のいい保険に加入しない限りは満期金などに課税されることはありません。
また学資保険は生命保険控除の対象にもなっています。これを利用すれば課税されるどころか、税金を節約することも可能です。

返戻率とは

2014/07/10

子どもに必要な教育費は、大学や専門学校などに進学すると毎月支払う金額が増えてきます。平均的には、毎月10万円以上の学費が必要になってきますから、短期間での貯蓄は厳しいものがあります。
大学進学時に合わせて、学資保険の満期学資金を受け取ることができます。入学費用や大学周辺での1人暮らしを始めるのであれば、満期学資金を使うことができますので、貯蓄を毎月の学費支払に充てられます。さらに、学資保険は契約者である親やその子どもの生命保険にもなりますから、万が一の場合に備えた保険といえます。
いくつかの学資保険がある中で、どの学資保険が良いのか決められない場合もあります。そういった際には、元本割れをしないかどうかという点を重視してみます。学資保険では、できるだけリスクを減らして、確実に一定額を受け取ることのできるタイプにします。
利率の高さも重視するべき点であり、医療保障などの機能が付与されていると利率よりも保障重視になりがちです。返戻率のみを重視する方が、利率が高いため多めの給付金を得ることができます。
医療保障がついている方が安心ですが、学資保険だけを重視するのであれば医療保障などは別にして元本割れしない、利率の高い学資保険を選択します。