学資金の保険料控除について

民間の保険会社で保険に加入している人は、保険料の控除を受けられます。これは公的な保険で補えない部分を自分で用意している人に対して、国が税金を免除してくれるもので、所得税と住民税からの控除が可能です。控除には一般生命保険の控除と年金保険の控除の2種類があり、学資保険は一般生命保険で控除を受けられます。
一般生命保険の控除は、2011年の12月31日以前の契約であれば所得税から5万円、住民税から3万5000円まで控除が受けられます。2012年1月1日以降の契約であれば、所得税から4万円、住民税から2万8000円の控除が可能です。2012年からは控除額の限度が下がった代わりに、介護医療保険の保険料控除が新たに設定されました。
学資保険の控除で注意したいのは、これらの限度額を超えていないかということです。学資保険は多くの場合父親が契約者となり、父親の一般生命保険から控除を受けます。
しかし保険料の控除には限度額があるため、父親本人の生命保険だけでこの限度額を超えていた場合、学資保険でどんなに高い保険料を支払っていても控除を受けられません。控除を効果的に受けるためには、加入時にほかの保険とのバランスを考え、場合によっては加入者を変えるなど配慮が大切です。

コメントは受け付けていません。