学資金の受取と税金の関係

学資保険は保険料を支払ってお金を積み立て、途中でお祝い金を受け取ったり満期になれば満期金を受け取ったりできる保険です。これらは子供の学資金として使用でき、受け取ったお金は一時所得として所得税の対象になっています。
しかし実際にこれらのお金が課税対象となることはほとんどありません。なぜなら課税対象となる金額は、その収入を得るためのお金を差し引いた金額だからです。収入を得るためのお金とは、事業であれば機材や材料の購入に使ったお金にあたりますが、学資保険の場合には支払った保険料のことを言います。
例えば子供が生まれてすぐに、大学進学時に250万円受け取れる学資保険に加入したとします。この保険の保険料が月額1万円だとすると、1年間に12万円の保険料を支払います。これが大学進学時、つまり18歳までかかると216万円の保険料を支払うことになります。
さらに特別控除の50万円があるので、それも差し引けば金額はマイナスになってしまいます。学資保険ではこういったパターンが多いため、よほど利率のいい保険に加入しない限りは満期金などに課税されることはありません。
また学資保険は生命保険控除の対象にもなっています。これを利用すれば課税されるどころか、税金を節約することも可能です。

コメントは受け付けていません。