返戻率とは

子どもに必要な教育費は、大学や専門学校などに進学すると毎月支払う金額が増えてきます。平均的には、毎月10万円以上の学費が必要になってきますから、短期間での貯蓄は厳しいものがあります。
大学進学時に合わせて、学資保険の満期学資金を受け取ることができます。入学費用や大学周辺での1人暮らしを始めるのであれば、満期学資金を使うことができますので、貯蓄を毎月の学費支払に充てられます。さらに、学資保険は契約者である親やその子どもの生命保険にもなりますから、万が一の場合に備えた保険といえます。
いくつかの学資保険がある中で、どの学資保険が良いのか決められない場合もあります。そういった際には、元本割れをしないかどうかという点を重視してみます。学資保険では、できるだけリスクを減らして、確実に一定額を受け取ることのできるタイプにします。
利率の高さも重視するべき点であり、医療保障などの機能が付与されていると利率よりも保障重視になりがちです。返戻率のみを重視する方が、利率が高いため多めの給付金を得ることができます。
医療保障がついている方が安心ですが、学資保険だけを重視するのであれば医療保障などは別にして元本割れしない、利率の高い学資保険を選択します。

コメントは受け付けていません。