教育資金を借り入れている割合について

お子さんがいる家庭の場合、教育資金はトータルでどれくらい必要になるのか、あらかじめ知っておいた方がいいです。無計画で過ごしていると、入学費用や授業料などに困る場合があります。一般的にどれくらいかかるものか把握していれば、資金調達の方法も探すことができます。
様々な教育関連の費用を見ていくと、教育の資金を借り入れている人の割合は非常に多いことが分かります。ほとんどの家庭が、何らかの貸付を受けているのです。教育ローンを利用したり、奨学金制度を利用するなど、工面しています。
学資保険に加入している親御さんの中には、契約者貸し付け制度を利用しているケースもあります。10割ではありませんが、3割以上利用しているという保険会社もあります。その他の教育ローン・奨学金を利用している人も含めれば、5割以上は確実に利用しているのです。
幼稚園から大学まで通ったと仮定した場合、1000万円以上の教育費がかかります。私立や特別なスクールに通った場合、また長期通学が必要な学部の大学に入った場合には、3000万円程度かかることもあります。
学資保険に加入していれば、契約者貸し付けで解約返戻金の範囲内で借入することが可能です。利息が高くなるという点に注意して上手に利用すれば、教育の費用を補うことも可能です。

コメントは受け付けていません。