奨学金と教育ローンの違いって?

子どもの教育資金を調達する場合、自分の収入や貯蓄だけでは不足することがあります。学校への進学時はもちろん、授業料や留学費用など、子どもにかかるお金は多額になるものです。1人あたりで1000万円以上かかるのが一般的と言われるくらいです。
公立・国立の学校だけを選択した場合でも、約800万円程度は最低でも必要となります。私立の学校に通わせた場合や、留学させる場合は1000万円を超える金額が必要になるのです。
不足する資金を補う方法は、大きく分けて2種類あります。その特徴と違いについて述べていきます。
まずは奨学金制度を利用する方法があります。学習しようとする意志のある学生に対して、学費・生活費などを貸与することを目的とした制度です。借入したお金を返済していくのは、親ではなく学生となります。
学校を卒業し、就職した後に毎月返済していくシステムが多いです。無利子のものもあり、融資額は比較的少額という特徴を持っています。
次に、教育ローンを利用する方法があります。教育費を目的とした場合の融資となります。契約者は親になるので、返済も親がしていくことになり、この点が異なっています。
融資額は、比較的多めに設定できるという特徴があります。ただし金利が高めというデメリットもあります。

コメントは受け付けていません。